大雪渓 蔵酒 原酒

大雪渓 蔵酒

 大雪渓酒造の人気定番酒「蔵酒 原酒」のご紹介。

 大雪渓のお酒といえば「普通酒」。値段の安い「普通酒」というジャンルで、ただ安いだけではなくそこらの純米酒よりも美味しいお酒があるのが大雪渓。

 実は大雪渓の普通酒の中でより量を多く造っている定番は美山錦を使用した「蔵出し」の方なのですが、実は加水調整していない原酒に限ってはひとごこちというお米を使用して造った「蔵酒」も存在します。

 原酒に関して言えば「蔵出し」も「蔵酒」も両方同じ値段で、アルコール度数も共に20度あり甲乙つけがたい良さがあるのですが、私が大雪渓酒造へ仕込みの体験でお邪魔した際におみやげでいただいたこの「蔵酒 原酒」の美味しさが忘れられず、当店では「蔵酒」の方を選んで並べております。

一位の中の一位に選ばれたお酒

 パンチがあってかなり美味しいです。その証拠に、以前に行われた全日本国際酒類振興会主催によるレギュラー酒コンクールではトップになり、更に審査員の圧倒的な評価を得て特別優秀賞まで受賞したいわゆる「一位の中の一位」のお酒。

 晩酌としてはもちろん、少し割り水してお燗酒にしても美味しいですよ。

名称 大雪渓 蔵酒 原酒
取り扱いサイズ 1800ml(一升瓶)
取り扱い時期 通年商品。大抵、数本分の在庫はあります。
大きな特徴 アルコール度数20度(梅酒用としても是非)
価格(8%税込) 1800ml 2,450円

※ 当店では蔵元より小ロットでの配送、クール便の利用等も多く、掛かる運賃費用は商品代に上乗せさせていただいております。ご了承ください。

ABOUTこの記事をかいた人

くわな屋酒店の店長をしております。 好きなお酒は日本酒、ワイン、ビールと主に醸造酒全般。 ありきたりなフレーズになりがちな「造り手の見える」をきちんと実行するべく、商品と一緒に、蔵元の魅力や造り手の個性、その土地の文化なども含めてお伝えすることを心がけています。

メガネはかけてたりかけてなかったり。