年に1度の限定久保田。19度の濃厚辛口な久保田生原酒

久保田生原酒

 1年に1度、1月下旬に発売される久保田 生原酒のご紹介です。

 2018年、今年は大雪の影響とくわな屋の定休日のお陰で到着予定日より2日ほど遅れましたが無事に届き販売しております。だいぶご予約いただいておりますが店頭で普通に買えますしまだまだ在庫はございますので是非ご来店ください。
 

お酒の特徴

 このお酒の大きな特徴として、アルコール度数の高さ。ラベル表記のアルコール度数は19度
 搾りたてのフレッシュで荒々しい感じと、久保田らしい上品さと、生原酒ならではの風味豊かな飲みごたえが混ざりあっています。

 フルーティな感じではありません。酒飲みが好む米の旨味がしっかりと感じられる「濃厚辛口酒」です。

久保田 千寿と飲み比べ

 この生原酒、当然といえば当然ですが造り始めるときから生原酒として最も美味しくなるように仕込んでいきます。

 しかし、この生原酒のアルコール度数を調整して濾過もして熱殺菌を加えるとスペック的には久保田シリーズの最もスタンダードな「千寿」とほぼ同等のものになります。

 と、いうわけで千寿と一緒に飲み比べしてみるのも面白いのではないかなとオススメしています。
 全く違うお酒だ、という方もいますし何処かに共通点を感じる方もいますし。
 

スペック

 

  • 名称:久保田 生原酒
  • 取り扱いサイズ:1800ml(一升瓶)、720ml(四合瓶)
  • 保管:要冷蔵
  • 取り扱い時期:毎年1月下旬に発売
  • 購入にあたって:ご予約無しでも買えますが、予約推奨です。
  • 価格(8%税込):1800ml 3,370円、720ml 1,512円

ABOUTこの記事をかいた人

くわな屋酒店の店長をしております。 好きなお酒は日本酒、ワイン、ビールと主に醸造酒全般。 ありきたりなフレーズになりがちな「造り手の見える」をきちんと実行するべく、商品と一緒に、蔵元の魅力や造り手の個性、その土地の文化なども含めてお伝えすることを心がけています。

メガネはかけてたりかけてなかったり。