シャルマンワインで醸造を少しだけ体験してきました ー後編ー

収穫されたメルロー:シャルマンワイン

 前回の記事が長くなったので2回に分けて今回は後編となります。

 まず、建物の見学。なお、写真にも写っていますが、ワイン造りの責任者である山本所長自らに案内していただきました。

 外から入るとすぐの場所に除梗・破砕・プレス機が並んでいます。そこから更に数メートルの位置には発酵タンクが。蔵は高さ約10m、縦横もほどほどある建物ではありますけど熟成以外を1フロアで全てできるというのがいかにもワインだなぁと感じます。
 

山本所長

 
 日本酒の場合は昔ながらの建物の蔵であっても菌にはかなり気を使っているので、工程ごとにきちんと部屋も分かれているしかなり滅菌されていることがほとんどです。
 それと比べるとシャルマンは自然酵母で醸しているということで、より海外のワイナリーっぽさもあるような。規模もそれほど大きくないですしね。

 地下はワインの貯蔵庫になっていました。ここで赤は最低3年ほど熟成されてから出荷されます。僕らが収穫したメルロのワイン、待ち遠しいですが飲めるのはまだまだ先になりそうです。

 樽は基本的に数年で交換となるようですが、年季の入った一部の樽は30年ぐらい使い続けているそうで「これで熟成させるといい味に仕上るから捨てられない」とのお話。きっと樽に住み着いている様々な微生物も熟成に一役買っていることと思います。
 

地下貯蔵庫の樽:シャルマンワイン

 
 くわな屋もワインの倉庫は地下ですが、地下は気温が安定しているのがいいですね。夏場でも20度を下回る快適さ。湿度をどうするかは悩むところではありますが。

 見学はこんな感じでした。この後かるくテイスティングをし8kmほど離れた旅館に泊まり翌日は昨日収穫したブドウの処理です。車はシャルマンワインに停めさせていただきました。

 そして翌日の朝、早速収穫したブドウを除梗し破砕。発酵タンクへと移していきます。収穫したブドウにもスズメバチが寄ってくるので襲われないか微妙に緊張します。変に気にしすぎるとかえって危険そうな気がしたので平然を装います。

 除梗機を通すことでブドウの実と茎が分けられ破砕されます。とはいえ完璧に分離されるわけではなく破砕されたブドウの中にも多少茎が入ってしまっているのでこれを地道に取り除きます。色の薄いブドウも取り除きます。ついでに手で揉むようにブドウを潰します。
 全ては雑味のもとを取り除くため。
 

茎を取り除く:シャルマンワイン

 
 破砕はほんと、潰れれば何でもいいというわけではないのでこだわるところは除梗も含めて全て手で潰すそうですね。手で潰したり足で潰したり機械で潰したり、まったく潰さなかったり。
 なれていないせいもありますが、正直なところ除梗機を使って残った茎を取り除くのだけでもだいぶ大変でした。

 シャルマンさんは今後もっと高性能な除梗機が導入されるらしいので来年はぐっと楽になっているかもしれません。

 その後もまだ作業がいろいろとあるのでしょうが、私は時間の都合でこの辺りで離脱し帰りの帰路につきました。

 今回の訪問では、収穫→選果→除梗・破砕までの部分。ワイン造りの説明では一言で終わってしまう工程でも、実際にやってみるとそれぞれとても大変です。
 これまで日本ワインは海外のワインとは違う位置づけ、という印象が強かったのですが古樽でしっかり熟成させたカベルネシリーズは悪くないと思います。

 シャルマンワイン、あまり知られていないのはまずこれら日本ワインに関して。非常に収穫量が少なく、ほとんどを現地の直売所で販売しきってしまうからではないかなと思います。
 くわな屋でも今後シャルマンワインは取り扱いますのでどうぞご期待ください。ちょっと値段は張るけど、美味しいですよ。

シャルマンワインへブドウの収穫を体験してきました -前編-

 先日の10月8日から9日にかけて、山梨県北杜市白州町にありますシャルマンワインへブドウの収穫体験へ行ってまいりました。

 8日は祝日体育の日で3連休の最終日。本来ならお店にいますが、なかなか体験できるものでもないので無理やり日程を詰めて参加してきた次第です。

 先に結論から言ってしまいますけど、想像以上にワイン造りもしっかりしているしなにより美味しかった。

 実は昨年の収穫の際に私ではなく知り合いの酒屋さんがシャルマンワインの収穫体験をされて様子を聞いていたのですが、雨の中での収穫だったという話やその時の写真からワイン自体にはそれほど期待していなかったというか「体験できればいいかな」とそんな気持ちも結構大きかったのですが、行ってみてだいぶ印象も変わりました。
 

シャルマン地図

 シャルマンワインの場所は山梨県の北西。北杜市の中の白州町。ほぼ国道20号線沿い。すぐ隣に「道の駅はくしゅう」があり、少し先には白州蒸留所もあります。
 周囲にはシャルマン以外のワイナリーはほとんど無いそうですが、白州蒸留所や日本酒の七賢なども近いのでお酒好きからするとバランスよく楽しめてワイン漬けになるより魅力的なエリアかもしれません。

 さて、当日は朝の8時30分頃から収穫開始。畑はメルロ。天候は曇り時々晴れ。10月ですが前日は関東で気温30度を超えるなど台風や異常気象の影響か、前日ほどではないにせよ日中は日が出るとやや蒸し暑い陽気。

 ブドウの収穫というものは、当初のイメージでは房を取ってカゴに入れ、また房を取ってカゴに入れという感じでしたが、現実は大きく違いました。
 房を取ったら虫に食われて穴の空いたブドウや、晩腐病の影響がある実の部分をハサミで丁寧に取り除き、確認をしてようやく収穫のカゴに入れる。房を取ったら座って作業をするようなかなり地道で緻密な作業でした。

 最初のうちは取り除かねばならない部分もかなり多くて「やっぱり日本のワインて環境的にも海外と比べると不利なんだな」と思ったものです。とはいえ場所が変わるとブドウの出来も変わるもので、全体的に見ればタイトルの画像にあるような健全なブドウでした。

シャルマンぶどう畑

 
 シャルマンワインの畑は全くの無農薬ではありませんが、それに近いレベルの減農薬。
 畑の中は様々な虫たちでいっぱいでした。蚊、ハエ、アブ、アシナガバチ、スズメバチ、トンボ、蝶、蛾、てんとう虫、ハサミムシ、ウジ、常に何かしらの羽音が聞こえています。

 多分虫嫌いな人にはちょっと厳しいかも。
 

シャルマン畑スズメバチ

 
 更に収穫が進むと木にぶら下がっているブドウはどんどん少なくなるので、残ったところに虫たちも集まってきます。最終的にはスズメバチだらけの中で収穫をしました。

 房から悪い実を取り除いているとそこにスズメバチがとまってきて、更に手の上を歩いていって・・・ スズメバチはあくまでブドウが目当てなので刺激しなければ特に攻撃されることもなくそれほど危険ではないのですが、やっぱり普段接していないので怖いです。

シャルマン醸造蔵外見

 
 その後、当日は蔵の方も見学させていただき、翌日は収穫したブドウを除梗しタンクへ移していく作業まで行いましたが長くなったので次回更新します。

くわな屋のキャッシュレス事情

決済手段

 今更ですが、くわな屋はAirペイを導入しているので、各種クレジットカードに加えて電子マネーも交通系各種、applepay、ID、QUICPayにて決済が可能となっております。

 特に○○円以上の支払いから利用可能など制限もありませんのでお気軽にご利用いただけたらと思います。

 現在はまだ手数料の負担といった問題もありますが、普及が進めば送金も含めてもっと安くなりそうですし、強盗の心配や衛生面、両替や入金など銀行へ行く手間が減るなどはお店としてもメリットは色々あります。

 くわな屋も普及に向けて応援したいと思いますのでどしどし活用してください

とか言っていたらトラブルです

 
 と、こんな記事を書いているタイミングでトラブルです。
 個人経営のお店でもここまでキャッシュレスに対応できるっていよいよ日本もキャッシュレス時代ですかねとか、私も次のスマホから本格的にキャッシュレス生活へ移行しようかな、とかもっと色々書こうと思ったら・・・

 カードリーダーが同じ画面で固まって反応せずにうんともすんともいわない。電源を入れ直しても同じ。リセットボタンには反応するものの、リセットした後はまた同じ画面で固まってしまう。

 結局、3人ほどカードで支払いたいというお客様に事情を伝え現金にしていただきました。その後ヘルプセンターとのやり取りで無事にまた使えるようになりましたが大変ご迷惑おかけいたしました。

 今回身をもって怖さを思い知りました。QRコード決済等も含めてある程度の代替手段は考えておく必要がありそうです。
 いや、QRコード決済は普及までまだかなり壁がある気がしてすぐに導入するかというと別ですが。

 ある程度の代替手段はその時ごとに考えつつもやはり前向きに、カードも電子マネーも使っていただけたらと思いますのでお支払いの際はお申し付けください。で、その際にトラブっていたらごめんなさい。