驚きの日本酒「雨垂れ石を穿つ 生酒」限定入荷!

雨垂れ石を穿つ 生

 滋賀県の北西、高島市にある萩乃露の日本酒です。
 萩乃露 雨垂れ石を穿つ 生酒

 元々、何年か前に台風の被害が酷かった年、奇跡的に被害を免れた貴重な田んぼのお米を使って何か特別なお酒が造れないか、ということで生まれたのが「雨垂れ石を穿つ」。

 そこで採用したのが「十水仕込み」という製法。
 これは、山形県鶴岡市の大山が近年のこってりとした食事にも負けないような濃厚なお酒を造れないかと色々調べ江戸時代の頃の文献をもとに復活させた製法で、原料米十石に対して十石の仕込み水でお酒を醸すという手法。

 (現在は一般的に原料米10に対して、水の量は14とかそれぐらいになるそうです。)

 十水仕込みで仕込んだお酒は当然ならが非常に濃厚な仕上がりとなり、それを加水調整しても普通のお酒よりも飲みごたえのあるコクの強いタイプのお酒となります。

 とはいえ「十水仕込み」で仕込めばすべて同じ味になるのかというと当然そんなことはなく、今でこそ万能でバランスの良い大山の「十水」も仕込み1年目は「わかりやすい甘口のお酒」という感じがして、くわな屋では入荷しませんでした。

 それが2年目以降は甘さを感じない冷酒からお燗酒まで幅広く対応できる素晴らしい出来となり、好評を得ています。

そして、再び萩乃露の十水

 
 まず名前の「雨垂れ石を穿つ」ですが、「雨垂れ」とは感嘆符(ビックリマーク)を示す言葉でもあり、十水仕込みのおかげか「江戸時代の人はこんなに美味しいお酒を飲んでいたのか!」という驚きがあったそうです。

 だからラベルの模様も、分かりづらいかもしれませんが !!! と並んだ感じになっています。

 肝心の味ですが、萩乃露らしいきれいな旨味のある味わいになっています。
 去年仕入れた生じゃない「雨垂れ石を穿つ」の方がヨーグルトっぽいような独特の酸味があってそれはそれで好きだったのですが、今回のこちらの方がクセはなく全体的なまとまりはいいです。
 

スペック

  • 造り:特別純米 十水仕込み 生酒
  • 原料米:吟吹雪、山田錦(共に滋賀県産)
  • 精米歩合:60%
  • 日本酒度:-5
  • 酸度:1.5
  • 酵母:9号系
  • アルコール度数:15%
  • 価格:720ml 1,580円、1800ml 2,980円

今年度金賞も受賞した石井酒造の豊明 紫陽花!

豊明 純米吟醸 紫陽花

 遅かれ早かれ取るだろう、とは思っていたのですが石井酒造が平成28酒造年度全国新酒鑑評会にて金賞を受賞というニュースが入りました!
 聞くところによると17年ぶりだそうです。

 平成11酒造年度(だいたい2000年)というと私はまだ21歳で家を継ぐことも全く考えていなければ、石井酒造どころか日本酒のにの字も知らない青二才だった頃です。

 東北を始め毎年当たり前のように金賞を受賞する蔵もありますが、実際のところ金賞がいかに難しいかよくわかります。

純米吟醸 紫陽花のご紹介

 
 さて、そんな石井酒造より発売された夏の生酒「純米吟醸 紫陽花」。
 清涼感のある青いボトルが涼しげで見た目的にも楽しめます。

 もちろん、このお酒は金賞受賞酒とは直接的な関係はありませんが、石井酒造のお酒のレベルの高さはわかっていただけるのではないかなと思います。

 ベッタリとはしていない、上品で柔らかな口当たりの旨口酒。
 綺麗な酸味のおかげで、旨味の余韻がスッとキレます。

 去年の紫陽花を飲んだ方も、今年はより美味しくなっていますので是非飲んでください。
 限定酒ですのでお早めに!
 

スペック

 

  • 造り:純米吟醸 生酒
  • 原料米:さけ武蔵
  • 精米歩合:60%
  • 日本酒度:+2
  • 酸度:1.8
  • 価格:720ml 1,620円、1800ml 3,240円

お仕事用のパソコンをmacからwindowsへ。さらばmac

部屋mac mini

 入荷案内以外のくわな屋の日常も載せたいと思っていたので、適当に思いつくまま書いてみました。結構酷い文章ですしお酒や商品とは一切関係ありませんが、ご了承ください。

 ここ6〜7年くらいだと思いますが、仕事上macを使ってきていました。

 プライベートとしてはos9の頃に1度macを使っていて、mid2010のmac mini(アルミケースになった頃)から再び本格的にmacを使い始めた感じです。
 中身的にはos9とosXって全く別物過ぎましたが(笑)

 その後はwindows機も併用して使いつつ、チラシを作ったりエクセルを使うお仕事用もmacを使い、消費税8%のタイミングでPOSレジもmacで組むなど我が家では3台のmacを使用してきました。

POSレジmac

 macはwindowsに比べると高級なイメージがずっとありますが、当時はmac miniだけとてもコストパフォーマンスがよかったんですよ。メモリも自分で交換できたしwindowsと比べてOS代の差が大きかったです。
 これも当時の状況ですが、使用する画像編集ソフトなどもmacの方がうまく安く揃えられたことが大きかったです。

 結局今は画像編集関係は全てadobe ccなんですけどね ʅ(´-ω-`)ʃ

 mac miniのメモリが自分では交換できなくなり、更に新型のminiも出る気配が全くなくなり、気がつけば仕事上必要なwindows専用のソフトや状況もチラホラあり、そしてVRのFalloutが出るならちょっとプレイしてみたい。

 そんなわけでなんか少し前はmacいいよってだいぶ言ってましたけど、徐々にwindowsに戻ります。
 POSレジに関しては当分先です。

 壁に設置したmac mini。コードは既に取っ払ってありますけど、これは多分ずっとこのまま置いておきます(笑)